WEBライターになろう!WEBライティング技能検定の魅力|Learning Center

WEBライターとして活躍しよう

WEBライターという職業をご存知でしょうか。主にインターネット上で読まれる記事を執筆するライターのことで、WEBライティング技能検定を受ける人も増えているようです。ある程度のスキルがある場合、未経験でもWEBライターの仕事に就くことは可能ですが、能力を表すものとしてWEBライティング技能検定は受けておいた方が良いでしょう。そうすることで仕事が獲得しやすくなる他、信頼性を得ることも可能です。また、WEBライターとして活躍するために必要なスキルは事前に知っておくと良いでしょう。

WEBライターに必要なスキル

  • 文章を書くスキル
  • キーボードを打つ能力
  • 情報収集能力
  • 納期を守る責任感
  • 最低限のコミュニケーション能力
  • 発注者の意図を正確に汲み取る理解力
  • 忍耐力
  • 表現力
  • レスポンスの速さ
パソコン

文章をお金に換えるために

オンライン環境が発達した現代では、自宅にインターネット回線があれば、お金稼ぎができるようになりました。しかし、稼ぐためにはある程度の専門知識が必要なため、何も知識がない自分では無理だと考える方もいるでしょう。確かに、これまでの経験が生きる専門知識のほうが稼ぎやすいですが、今から学んだとしても、十分に稼げるケースもあります。その代表が、文章を書くことなので、もしもキーボードで文字を打つのが苦痛ではないのなら、WEBライティング技能検定を受けることを考えましょう。WEBライティング技能検定は、講座と試験がセットになったもので、すべてを終了させて資格をゲットできれば、オンライン上で文章をお金に換えるための技術が身についています。

講座が必須

WEBライティング技能検定を受けたいのなら、まずは通信講座に申し込んで、送付されるテキストを使って勉強する必要があります。普通の文章の書き方はもちろんのこと、オンライン特有の書き方まで教えてくれるため、クライアントが望んだコンテンツが作成できるようになります。なお、文章を書くのを苦手とする方もいるはずですが、講座では初歩の初歩からしっかりと教えてくれるため、義務教育を終了しているのなら問題ないでしょう。

分かりやすい説明がある

WEBライティング技能検定は最近できたばかりの資格なので、インターネット上で情報を探しても、お目当てのものが見つからないかもしれません。しかし、講座を受講すれば、スタートアップガイドが付属するので、きちんと読めば勉強や試験のことを把握できます。もしも、講座に申し込む方法すら分からないのなら、WEBライティング技能検定の公式サイトがあるので、そちらに載っている情報に目を通して、正しい方法で手続きをしましょう。